腎不全

腎臓 は人間の体の中で、肺や心臓と同様に重要な役割を担っています。腎臓の主な役割は以下の通りです:

  • ———ホルモン機能,
  • ———血糖値の管理,
  • ———毒素の解毒(肝臓と肺にて).

腎臓は様々な役割を持っているが、主な役割は尿の排出による解毒です。腎臓は血漿をフィルターに通して、体内の水と塩類のバランス保つ役割をしています(恒常性)。そして腎臓では、毎日1,5Lの尿(利尿)が作られています。人間は2つの腎臓を腹部に持ち、バランスが取れた対称性を持っています。しかしながら、腎臓が一つでも、通常の生活を送ることができます。
詳しい情報

腎不全 は、両方の腎臓がフィルターとしての機能が低下し、正しく機能していない状態です。病状が急性肝不全の場合は一時的で、回復をすることが可能です。慢性肝不全の場合、回復は不可能ですが、病状を安定させる事は可能です。慢性腎不全は病状がなくなることはなく、さらに他の合併症(糖尿病、高血圧など)を起こし、腎臓内を徐々に破壊し、最終的には機能できない状態になります。腎不全は最終段階までに、5つの段階があります。最終段階では腎臓のフィルターが通常の15%以下しか機能しておりません。その場合は腎臓の代わりの機能をする技術として、透析と腎臓移植が必要となります。
詳しい情報

慢性腎不全の治療は患者、合併症、進行具合により異なり、治療によって最終段階までの進行を遅らすことができます。1960年より、透析と腎臓移植は慢性腎不全への治療法に、革命をもたらしました。

  • ———腎臓移植 は不十分な腎臓を十分な腎臓に入れ替えることです。それにより数年間は、透析をしない生活ができます。詳しい情報
  • ———透析 は血液にある毒素と過剰の水を様々な方法で排出することです:
    • - -血液透析 は血液にある毒素と過剰の水を様々な方法で排出することです: 血液透析は体外から腎臓の変わりに血液を精製し、毎週3回4時間の治療を行います。この治療法はUNH施設内、または自宅でATIRを通して行なう事が出来ます.

    • - 腹膜透析,はATIR,を通して行なう事が出来ます。この透析法は腹膜を通して血液の精製を行ないます。毎日ご自宅で行なう事が出来ます。詳しい情報

腎不全に関する治療は、ニューカレドニア、ワリスとフツナに関しては、3ヶ所の透析施設があります:メディポール病院、腎臓血液透析機関(UNH)。ATIR です。

UNHに関して

歴史: 1988年、UNHは血液透析をベデシトロンクリニックにて、フローン医師の提案で始めます。1991年にブラーユセンターとジュル・フェリセンター、そして2006年にはラ・フォアセンターが創設されました。
2014年にはUNHはより近代的な技術を取り込み、より大勢の人々がベデシトロンクリニックで、透析治療を受けられるようになりました。病院とATIRのおかげで、透析治療はニューカレドニア人々の生活に、より深く浸透致しました。

紹介: UNHは50人以上の専門家が集まる会社であり、腎不全の患者へのサービスと治療の質を向上することを目的としています。腎臓に関しての治療や相談は、以下の人や機関によって、保証されております。

  • ———4人の腎臓専門医師
  • ———1人の薬剤師
  • ———事務局 (受付)
  • ———物流機関と技術機関(透析技術者とシステムエンジニア)
  • ———医療サポートスタッフ(コーディネーター、看護師、准看護師、サービススタッフ)
  • ———-各1人カウンセラー、栄養士

病院のご案内

人工透析


———血液透析:
UNHは血液透析を取り扱っており、医療や技術の関係により、他の病院ですでに治療をされていて、血液透析が必要な方、または血液透析以外(腹膜透析と腎臓移植)が必要な方も利用できます。

———腹膜透析:
DPカテーテルを導入し、腹膜透析の診療と治療を行います。ATIRと提携をして、ご自宅で治療も可能です。


治療内容


———-治療内容 :
- 透析用のカテーテルを導入する。(血液透析または腹膜透析)
- 透析用の血液の取り出し口を作る(バスキュラーアクセス)
- 血管とその周囲の管理(エコグラフィーとドップラー法で確認し、各機能管理、バスキュラーアクセスの血管形成を行います)
- 腎生検

入院に関して


———腎臓に関する入院、腎障害の診断や、透析または腎臓移植患者の合併症が発生した場合

———リハビリテーションや腎臓の機能検査の為の日帰り入院


診療


腎臓病に関しての診療を行っており、治療方法の相談を承っております。(腎臓移植、腹膜透析、医療機関または自宅で行う血液透析).
肝不全の方、腎臓を移植した方、または透析を行っている方、その他腎臓に関する症状をお持ちの方(全身性疾患または腎障害、肥満症、免疫疾患、結石症)などが、主な治療の対象の方です。
テレビ電話による診療も、周辺地域の方に限り可能です。

治療方法

腎臓移植: ニューカレドニアでは3つの方法あります。

  • ———現地の腎臓移植希望者のリストに申し込む(ニューカレドニアで腎臓提供を受け、シドニーのRPAHで手術を受ける)
  • ———生存しているドナーからの腎臓移植を受ける
  • ———フランス本土で腎臓移植を受ける

血液透析: 血液透析は症状別に区分された、血液透析機関で行われます。患者の健康状態によって、センター、透析医療機関、近接の血液透析機関のいづれかで治療を受けることができます。

  • ———センター は重症の方に対応致します。こちらのヌメアの血液透析センターでは、ベイデシトロンクリニックに位置し、重病の患者の方に最新の医療を提供します(手術室、レントゲンとスキャナーの設備、救急処置室)。透析を受ける際は、必ず医療スタッフが常駐し、さらに24時間体制で医師と看護師が対応します。センターでは、週6回、各日3回透析を行えます。
  • ———透析医療機関UDM は、重症の方ではなく、常に医師が必要ではない方に対応致します。患者の健康状態により、週に1回〜3回、透析中に医師が診療致します。またUDMでは、各患者に全身の健康診断も行います。
  • ———近接の血液透析機関UHP では、軽症の方に対応致します。透析中に、少なくとも月に一回医師が診療致します。

透析機関の紹介

UNH

CHTパートナー

ATIRパートナー

プロジェクト

イルヌーマニアンクリニック

ベイデシトロンクリニックでは、重症の透析患者の治療を行うことができる、UNH機関を併設しており、2018年にイルヌーマニアンクリニックに移動致します。UNH機関はこの新しい環境と設備を生かします。

メディスッド医療センター

近接の血液透析機関のジュルフェリーは、2018年にメディスッド医療センターに移動致します。

コネ病院

コネ病院の中に、2017年に、週に3回8つの透析設備を持つ、血液透析機関ができ、さらに、’ATIR.と提携をしている、週に3回10つの透析設備をもつ、近隣血液透析機関ができます。

お問い合わせ


以下の情報 :

に関しては、下記のフォームにご記入の上、ご返信ください :


  (*)は必ず必要な情報となります。

添付ファイル
このメッセージは送信できませんでした。

Nous allons traiter celle-ci dans les meilleurs délais.